無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

人を育てるということ。

人を育てること。リーダーを育てること。

これ、なかなか難しいよね。

そもそも、人を「育てる」ということって可能なのかな?
人って、「育てる」ものではなくて「育つ」ものではないかな?
僕たち経営者にできることは「育てる」じゃない。
「育つ」環境を用意する。これくらいなんじゃないかな?

環境を整備してあげれば活躍できる人がいる。
適材適所・適所適材。
横浜ベイスターズの四番打者の村田は、東福岡高校投手で甲子園だぜ。
元巨人でバントばっかりやっていた川相は、岡山南高校で投手だぜ。
メジャーの斉藤隆なんてね、東北福祉大学では内野手だからね。
こんな風に「育てる」なんてやらなくても、
「配置」「環境」だけで化けるケースもあるっしょ。うん、あるよね。

この「育てる」「環境づくり」「配置」の方法を、
ソフトウェア化しようと挑戦する会社がある。
システムにできるのかよぉ。ソフトウェアにできるのかよぉ。

でも、こういう啓蒙型・新規事業創造型の会社、僕は嫌いじゃない。
新しい価値、新しい文化を世の中に誰かが投入しないとダメでしょ。
売れてる事業、伸びてる事業やるのもいいけど。
伸びるかわからん。でも、世の中に必要なんだ。こんな事業があってもいい。

このソフトウェアは社員1,000人超すと、威力が出る。
社員1,000人以下の組織では、なんとか人手でできるから、あんまり効果が無いらしい。

しかも、このソフトウェアは高級品である。
軽く3,000万円以上する。

でも。
〇〇業界や〇〇業界では、導入が相次いでいる。

導入企業、その成果を見ると。どうやら条件は、

1.人の出入り(離職・中途)が多い業界
2.人で業績が大きく変わる業界
3.超高級な知識産業(コンサル会社・技術研究所)
4.知識より気合い・元気がモノを言う業界
5.社員数1,000人以上

このあたりにマッチする会社が、こぞって採用しているみたい。
興味があれば、一度話を聞いてみるといい。

http://www.rosic.jp/event/schedule/2010/1018140541.html









【最近読んだ本の話の最新記事】

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2010/11/06/ 08:48 | 東京 ☀

| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:[必須入力]

メールアドレス:[必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:[必須入力]


▲ページトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。