無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

社員教育って何だろう?

SBS社員には「神谷」という社員が居る。

わが社に入社して初めてコンピュータを触ったような男である。
webマーケティングなんて何も知らなかった。
今、SBSのwebマーケティングを一手に担う社員だ。
まだまだ発展途上だが、
どの会社に行っても通用するレベルまで達していると思う。
僕が知らないノウハウも本当に良く知っている。

ちなみに僕は、webマーケティング専門・得意分野である。
博報堂から前職時代まで手掛けて来ている。

しかし、肝心なのは「神谷」に対して僕は何も教育していないという事実。
神谷自身が“勝手に育った”のである。
神谷自信もSBSや僕に“育ててもらった”という実感は無いだろう。

そうなのだ。
社員を育てるのではなく自ら育つ環境、仕組みを提供
することこそ肝要なのではないか。
環境の準備・提供が重要なのである。

そういえば、
僕に対する教育・研修も
SBグループでは全然無いぞ(笑)

よし、僕も勝手に自分で成長することにしよう。






【経営・社長業の事の最新記事】

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/04/23/ 17:16

| Comment(3) | TrackBack(0) | 経営・社長業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

育つ環境、育つ仕組み。
本当に大切だと思います。
勝手に育った神谷さんは
本当に素晴らしい方ですね。
その環境も素晴らしいと思います。
私の場合は、上司が必死になって指導してくれた、
環境を整えてもらった…
だから成長させてもらったんだな、
というのが本音です。
勝手に育つには、まだまだなんです(汗)
私も自ら育つ人材にならなきゃですね☆
痛いところを突かれる記事でした。
ありがとうございます。

Posted by eno at 2006年04月25日 18:43

はじめまして。

人気ブログランキング・ランブロの管理人です。

このたび、アクセスアップにお役に立てるよう、人気ブログランキング・ランブロを開始しました。
(他のランキングとは違い、カテゴリごとに、ランダムにブログが表示されたりします。)

まだ、開始したばかりですので、登録数などは少ないですが、これから、登録数などを増やしていきたいと考えております。

そこで、登録して、ご利用いただけたら、と思います。



よろしくお願いいたします。

http://www.ranblo.com/

トラックバックセンターも開始しました。ご活用ください。
http://ranblotb.seesaa.net

Posted by 人気ブログランキング・ブログ検索「ランブロ」管理人 at 2006年04月27日 14:30

お久しぶりです。
更新頻度が上がったようで、ようやく追いつけました。
当方セクションの行動指針として『国民の三大義務』に則っていますので、教育=勉強しない人はお払い箱です。
とは言えそれは「本を読め」ということではなく、「人との関わりの中で何か学ぶことができたならそれもよし」としている所が『いい加減』な所ですね。

Posted by 課長007 at 2006年05月01日 12:17

コメントを書く

お名前:[必須入力]

メールアドレス:[必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:[必須入力]


▲ページトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。