無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

「勝てる!戦略営業術」経営者セミナー

新規開拓営業で売上を上げたい経営者・社長の皆様へ

【先着30名限定※残23名】
「勝てる!戦略営業術」経営者セミナー


新規開拓営業で売上アップに成功されている企業様の最新の事例から3つのポイントを抽出しお伝えします。


◇社長様 貴社の営業において、この様な悩みはございませんか?

✓「新規顧客」を集客する仕組みがなく、既存客だけの売上では目標を達成できない。
✓毎月「新規」での受注をしてくるのは一部の営業マンだけだ。
✓「新規開拓」にはホームページを活用した方がいいと聞くが具体的にどうしていいか分からない。
✓営業が属人的なため、組織でのチーム営業が進んでいない。
✓成約率が低く、営業マンのモチベーションを保つことが難しい。

企業の業績を維持・向上させていくためには、既存のお客様からの受注をいただけるようにケアをする傍ら新しいお客様を開拓し、自社の商品・サービスを積極的に売り込んでいかなければなりません。

新規開拓というと「飛込み営業」「テレアポ」に代表されるように、泥臭い根性営業を想像される方が多いと思います。
確かに、新規開拓にそういう側面があることは事実ですし、私たちもそのことを否定するつもりもありません。

しかし、無造作に新規開拓を行うのではなく、見込み度の高いお客様、つまり「今すぐ欲しい」お客様に対して、営業活動をすると考えるといかがでしょうか。
お客様の興味関心が高いので、当然こちらのお話を聞いていただけます。そして、商品のご購入に前向きなため、ご契約に至ることが多いはずです。
新規開拓営業がこのようなものでしたら、多くの営業マンが喜んで新規開拓をするのではないでしょうか。

新規開拓において安定的に確実に成果を出すためには、営業マンのセンスだけに依存するのではなく、営業マンを「後方支援」「側面支援」するような仕組み、つまり、『売れる仕組み』を構築することが大切なのです。


本セミナーでは、営業教育推進財団のメソッドを元に、営業マンのセンスだけに依存しないで新規開拓を実現させる『売れる仕組み』を構築するための基本的な考え方、具体的なアプローチ方法をお伝えします。
実際の企業様の成功事例を交え、明日から貴社で取り組むことができる最重要ポイントを3つに絞り内容を厳選してお話させていただきます。

3つ最重要ポイントを踏まえ新規開拓の強化に取り組まれた企業様のお声です。

◆営業活動の中でホームページをどのようにして活用してよいか理解できた。

◆今すぐ客だけに営業活動をするため、営業成約率があがった

◆無造作に新規開拓をしていたが、戦略的に新規開拓する視点が身に付いた

◆ご購入に前向きなお客様だけにアプローチするため、営業が楽しくなった

◆そのうち客に対するアプローチは、メール等を活用することで、業務効率化につながり、定時で退社する日が増えた

◆新規開拓先の受注角度を感覚でしていたが、受注角度の指標を明確にすることで、
案件角度に応じたアプローチができるようになった


なお、本セミナーにご参加いただいた企業様には、参加特典としてセミナー参加者へもれなく、優れた組織が活用する「営業事前準備シート」プレゼントいたします。


2012年、新規開拓営業の強化、業績向上、営業成約率・業務効率化を図りたいとお考えの経営者様、社長様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


【日時】
2012年2月11日(土)19:00-21:00(受付開始18:30)
【講師】
eigyou_logo_xxl.gif

一般財団法人営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢

【講師プロフィール】
工藤龍矢(くどうたつや)売れる仕組みプロデューサー
一般財団法人営業教育推進財団 代表理事
SSG ホールディングス株式会社 代表取締役

◆プロフィール
売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

●Twitter アカウント:twitter@tatsuya_kudo
●Facebookアカウント:http://www.facebook.com/tatsuya.kudo
●Blog URL:http://blog.ssgh.co.jp/
●著書
「変えるのは営業だ」(さくらパブリッシング)
「人材いらずの営業戦略-儲かる企業は仕組みが違う」(日本実業出版社)
「営業マン支援のスゴい仕組み-儲けてる会社のWeb マーケティング」(ダイヤモンド社)
「ルート営業のすべてがわかる本」(日本能率協会マネジメントセンター)
「最強の営業組織構築の手順書-プロセスマネージメントの基本からWeb マーケティングまで」(中経出版)
「グーグル営業!地球一の営業と最強チームを作る方法。」(インプレスジャパン)
「勝てる!戦略営業術」(PHP ビジネス新書)

【場所】
会場:東京都内
   ※申込後こちらからご連絡します。

【対象】
経営者、社長に限る。講座内容が経営者向けのため、経営者・社長以外のご参加はご遠慮ください。

【費用】

3,000円(お一人様消費税込)
※当日の場合3,500円となります。
※申込後振込先を連絡致します。

【申し込み方法】
一般財団法人営業教育推進財団事務局
zaidan@ssgh.co.jp 宛にメールください。

記載内容
「2月11日」のセミナーに参加希望」と記述してください。

1. 御社名
2. 御役職
3. 御氏名
4. メールアドレス
5. 御住所
6. 備考欄

を記述してください。

※複数参加される場合は、「御役職」「御氏名」「メールアドレス」を参加される方全員ご記入ください。
※備考欄はご要望・リクエスト・期待することがあればご記入ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〒331-0822 埼玉県さいたま市北区奈良町136-46
一般財団法人営業教育推進財団代表理事

eigyou_logo_xxl.gif

売れる仕組みプロデューサー 工藤龍矢

TEL:080-3602-0118(工藤龍矢の携帯電話)
kudo@ssgh.co.jp

売れる仕組みプロデューサー工藤龍矢のブログ
http://blog.ssgh.co.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






【事業の事の最新記事】

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2012/01/29/ 02:31 | 東京 ☀

| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:[必須入力]

メールアドレス:[必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:[必須入力]


▲ページトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。