無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

小山昇『仕事ができる人の心得』

仕事ができる人の心得

P.43より引用 

幹部の基準

役員:社長の方針を1日で実行する人
部長:社長の方針を1週間で実行する人
課長:社長の方針を1ヶ月で実行する人
ヒラ社員:社長の方針をなかなか実行しない人


さすが、武蔵野小山昇社長。奥深いし本質的だな。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/03/05/ 23:54

| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NLP関連書籍を10冊くらい読んだ。

神経言語プログラミング(NLP)が流行っている。
良い機会だから面白そうな書籍を乱読してみた。
面白いエピソードがあったので紹介したい。
思わず笑ってしまった。僕はこの手の話が結構好きである。

『NLP―超心理コミュニケーション 神経言語プログラミング』
P.65より抜粋

アメリカのある食料雑貨店に勤める若い店員の話である。
彼は非常に良心的で、そして勤勉だった。
店長は、彼を近々昇進させたいと考えていた。
ある日のことだった。ある年配の客が、店先に立っていたその若い店員に
近づいてきた。客はのっけから喧嘩腰で非常識にも「レタスを半分だけ売れ!」と要求した。
店員は、うちではレタスを半分に切って売らないのだと、根気よく何度も説明したが
、その男は引き下がらず文句を言い続けた。その態度にすっかり辟易した店員は、
「店長に聞いてきますから」と店の奥に行き店長を呼んでこう言った。
「間抜けな客がレタスを半分だけ買いたいと言って聞かないんですよ」
しかし、感覚的な気づきが発達した店員は、例の客が彼のすぐうしろから付いてきていて、
その言葉を聞いていたことにすぐに気づいた。
そこでその店員は、柔軟性の法則を適用してすぐさま態度を切り替え、
派手なジェスチャーで付け加えた。
「でも、その後で、別の立派なジェントルマンが残りの半分を欲しがっていらっしゃいます」
年配の客が去ったあとで、店長はこう言った。
「私はずっと君に目をかけていたんだよ。
今日、君が今の事件を処理した手腕に本当に感心した。
ところで君は今度カナダにオープンする新しい店のマネージャーをやる気はないかい?」
店員はしばらく考えてからこう言った。
「カナダで商売するのは、ちょっと気が引けますね。
あそこには、あばずれ女とホッケー選手しかいないっていいますし」
突然、ボスが目の色を変えて言った。
「そうかね。私の妻はカナダ出身なんだがね」
店員は、無邪気な笑顔を見せながら、さらりと尋ねた。
「本当ですか。で、彼女はどのチームでプレーしてたんですか?」


posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/02/06/ 22:23

| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ読者のみなさんへ無料プレゼント

おかげさまで本ブログは、
毎日1,000名前後の方にご来訪いただいている。
誠にありがとうございます。
先日ソフトブレーン・サービス発行のメルマガ読者を対象に
愚著
『変えるのは営業だ ~さらば個人プレー やるぞ、組織営業~』
(さくらパブリッシング(税別1,500円))
10冊無料プレゼントのご案内をさせて頂いた。
これから抽選作業を社内で行う予定らしい。
今回は本ブログ読者の方を対象に、
さらに5冊無料プレゼントのご案内をしたいと思う。
僕がブログの中で書いている内容をもう一度振り返る意味でも
もしかしたらお役に立てるかもしれない。

【応募要項】

(ステップ1)
https://www.esm-ms.jp/mail/mailmagaform.html
にアクセスする。

(ステップ2)
「内容※必須」欄に
「ブログを見た。書籍無料プレゼント希望」
と書いて送信する。
“ブログを見た”を書き忘れないようにご注意ください。



posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/01/31/ 09:33

| Comment(1) | TrackBack(1) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学受験参考書『受かる小論文の書き方』

僕のブログのログ解析をしてみると、
樋口先生の著書『受かる小論文の書き方』のPVがここ2週間上位3位以内にランクインしている。
廃盤の本なのに。なぜだろうか。
ビジネスマンに役立つこと請け合いな本だと僕は思う。
でも、受験生が見ているのかな。
(誰が見てるか、まではログ解析残念ながらできない)

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/01/25/ 12:27

| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

ベストセラーらしい。
これを読んだ。
(想定の範囲内だが)残念ながら、あんまり面白くなかった。
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

正直、中小企業の経営者は財務・会計はあんまり好きではない人が多いのではないだろうか。
この本は、入門書として分かりやすいという評判だが、
少々会計の勉強をかじったこともある僕としては、
「やっぱり簡単ではない」というのが感想だ。
正直、入門書というのはちょっとレベルが高いかもしれない。

まぁ、このくらいの知識は必要なのだろう。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/12/22/ 09:47

| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村克也『野村ノート』

書店に行ったら、
平積み・山積みになっていて思わず買ってしまった。
僕個人的には、野村克也は好きではない。
暗いイメージがあるからだ。

でもこの本を読んで、
野村克也に対する偏見が変わった。
野村ノート』だ。
(敬意・尊敬は抱いたがファンにはなれないのも事実だ)

野球に関する理論・科学的アプローチは
実は僕は(自分でいうのもなんだが)ちょっと自信がある。

テレビでプロ野球を見ていると、
代打のタイミングや救援投手を投入するタイミングが全て読める。
江川卓が『うるぐす』で「江川な人」というマニアックな企画を
やっているが、あれもほぼ100%当たる。
僕が巨人の監督になったら何年も連続して優勝させてあげるのに
なんて勝手なことを考えたりしている。

この本は、野球の分かる人でないとつまらない本だろう。
理論が深いし、相当細部まで野球の中に踏み込んでいる。
ルールブックの重箱の隅を突っつくような内容も多い。

ヤクルト監督時代の日本シリーズでの
広沢選手が走塁ミスをした時の野村監督の考え方が
特に勉強になった(本文P23)。

「広沢への指示を徹底していればなぁ」
広沢の走塁チョンボも選手のせいにしない、監督の責任らしい。
見習いたい、と思う。






posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/11/20/ 23:24

| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『トヨタ流最強の社員はこう育つ』(成美堂出版)

トヨタ式の業務カイゼンの仕組み、ノウハウ(=カイゼン)は学べる点が多いと思う。
以下にそのキーワード、キーコンセプトを記述したい。
特に、僕が「気づき」を得た点を中心に。

・見える化
・計る化
・ムダ取り
・ジャストインタイム
・カンバン方式
・探す運ぶは仕事にあらず
・「知恵」を絞ってもっとうまくやる
・暇な人や忙しい振りをしている人は仕事の段取りが下手だからすぐに混乱する、だから忙しい人に頼むべきだ
・「素直」はいいが「無批判」はいけない
・「指示通り」に考えるな、上回れ
・「もっと働かなければ」ではなく「もっと省かなければ」
・「改善法」をカイゼンせよ
・「より短い時間で出来ないか」「より少ない人数で出来ないか」を考えろ
・「言い訳をする頭で実行することを考えろ」
・多品種少量生産
・カイゼンにゴールは無い

これらを表面的なテクニック・技術として捕らえてもうまくいかない。
実は、管理者(マネージャー)と現場(社員)の『知恵』の結集が肝なのだ。

先日、わが社の社員が以下のような発言をした。
「PHSを2台解約します。違約金が28,000円掛かります」
「最初からFOMAにすればよかったのにこれはムダでした」
「なぜ、誰がPHSを発注してしまったのか」
「次回からこのような発注が起きないようもう一度社内の発注手続きを見直します」
僕はうれしかった。
2800万円ではない、2万8000円だ。
でも、このような気づきを現場の社員も含めて毎日出せる組織こそ最強組織に
近づくのではないだろうか。





posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/02/ 17:50

| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。