無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

『鉄は熱いうちに打て』

株式会社セキネの関根社長と会った。
夕食をご一緒する中で面白い気付きを頂いた。
『鉄は熱いうちに打て』
言い古された言葉である。
この言葉の解釈は、一般的には、
「物事は機が適した内に取り組むべきである」
「タイミングを逃してはいけない」
と、理解されている。

逆に見方があるんだ、ということを教わった。
「打つ側ではなく、「打たれる側」にたった場合」である。
熱いうちに打てば刀鍛冶も仕事が減って効率的である。
打たれる鉄の立場にたっても、早いうちのほうが、
打たれる回数が少ない。痛みが少ない。ラクである。ということだ。

社員の立場に立って考えてみる。
すぐにやる、早くやる。すぐに直す。早く変える。
そのほうが、実は本人の痛み・苦労も少ないということだ。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/30/ 16:59

| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社ヤスカワ安川社長

本日、先輩経営者である安川社長とセミナーを行った。
ご多忙の中、スケジュールを縫ってご登壇頂いた安川社長にはまず感謝をしたい。
ほんとうにありがとうございました。
おかげさまで120名を超える経営者のみなさんにお集まり頂いた。
アンケートを拝見したが、やはり安川社長のパートがもっとも好評だった。
安川社長のお話の中で僕がもっとも印象的だった言葉を以下にあげてみたい。

「うちの会社はeセールスマネージャーMSの恩恵に預かっている」
「でも、おそらく20%くらいしかまだ使いこなせていない」
「もしも100%使いこなしたら売上は間違いなく倍になると確信する」
「そのくらい威力のあるツールである」
eセールスマネージャーMSは、「社員教育」に使える」
「なぜ経理ソフトは買うのに営業ソフトを買わないのか」
「携帯電話が普及したように10年後にはeセールスマネージャーMS
どの会社にもある、という時代が来るだろう」

事前に、eセールスマネージャーMSをお褒めいただくように
根回ししたわけではない。本心からそのようなメッセージがあったからこそ、
会場一同が安川社長に惹きつけられたのではないか。

僕自身、うれしい限りだ。
同時に、責任とプレッシャーも感じている。
ソフトブレーン・サービスは、ご契約いただいてからが力の見せ所。
僕も、お客様への支援・サポートは何よりも最優先で取り組んでいる。
今日は、そのあたりの具体論もお話しが出来てほんとうに良かった。





posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/26/ 00:27

| Comment(0) | TrackBack(1) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

eセールスマネージャーの社内勉強会

今日は、午後から社内勉強会だ。
13:00に幹部・社員が集合している。
夜までじっくり勉強会だ。
今、ロールプレイングやお客様との商談事例、運用事例を共有している真っ最中だ。
僕自身自分は、手前味噌ではあるが『eセールスマネージャー』は完璧だと思っているが、
社員たちと議論していると新しい発見がたくさんある。
まだまだ勉強不足だな、と思う。
やはり現場で実務を日々積むことでスキルがどんどんアップしているようだ。
非常に頼もしい。
特に、導入チームのメンバーやスーパーバイザー女性スタッフは
お客様とも仲良しになっており良好な信頼関係を構築できている模様だ。
eセールスマネージャー』の活用ノウハウも高速共有できている。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/22/ 17:22

| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEBマーケティングサービスパッケージ

WEBマーケティングサービスパッケージの引き合いが増えてきた。
ホームページを有効活用すると、
・集客プロセス
・見込み客フォロープロセス
・販売プロセス
・顧客化プロセス
(日本経営教育研究所石原明先生)
というプロセスマネージメントが強化できる。
中小企業の中には、ホームページを営業・マーケティングに有効活用できていない
会社がいる。あるいは、活用したくてもなかなか着手できない会社がいる。
業者に頼んでも、優良な制作会社は大手企業向けのビジネス設計だから
高額すぎたり、手が込みすぎてオーバースペックだったりする。

・コンパクトなサービス(中小企業のニーズにマッチ)
・リーズナブルな価格(法外な予算が必要ない)
・すぐに効果ができる
・営業プロセスの全体を強化できる
・最新のノウハウが凝縮されている(これは重要。すぐに陳腐化するから)

こんなサービスパッケージ、仕組みを作った。
ホームページはツールにすぎない。
全体的な営業設計、マーケティング設計の中で「ウェブ」をどのように位置づけるか、
このコンサルティングが肝である。
ホームページが改善されれば、営業も変わる。
営業が変われば、ホームページも変わる。
ホームページを重要な「ツール」として位置づけたい。
(弊社もホームページは大変重要視している)




posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/20/ 20:03

| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の原稿が進んでいる

12月発刊予定の書籍がようやく形になってきた。
仕事の合間合間を縫って、書き纏めている。
プロセスマネージメント、科学的な組織論がテーマだ。
特に読んでいただきたいのは、やはり中小企業の経営者のみなさんだ。
改めて、自分自身に対する影響力を持つ方を振り返る良い機会だった。
改めてご案内するので、楽しみにしておいて欲しい。
少々辛らつな内容も素直な気持ちで飾らずに盛り込んでいる。
すべて僕の正直な気持ちである。
この書籍を題材に、中小企業経営者のみなさんと前向きな議論ができることを
何よりも楽しみにしている。

宋文洲の影響はやはり大きい。
このような経営者と間近に仕事が出来ることを我田引水ながら光栄に思う。
何よりもグループ会社の社長という重責をおおらかなスタンスで任せてもらえている。
僕が逆の立場だったら、ここまで余裕を持てるのだろうか。
ソフトブレーン本社の役員からも毎日さまざまな学びを得ている。
社長の松田、副社長の小松、関西支社長の東郷。
みな個性的で魅力的な人物で尊敬している。
僕自身としては、野球の経験も大きい。
中学時代の増田監督、高校時代の島田監督。
そして大学時代。
いずれも、結婚式にも来て頂いたし今でも頻繁にお会いしている。
何よりも僕の性格をよく把握、理解していただいているという信頼と安心がある。


posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/10/18/ 12:39

| Comment(1) | TrackBack(0) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業支援サービスの研究

・営業プロセスの新設計
・電話営業
・トークスクリプト作成
・導入事例レポート作成
のサービスが急伸している。

大きく分けると、2種類のニーズが中小企業にはあるようだ。

1.アウトソーシングで外注したい
2.自分の会社の社員にノウハウ、やり方を教えて欲しい

どちらにも対応できるようにサービスパッケージ化したらヒットした。
たいへん喜んでいただいている。
アウトソーシングやBPOが注目を集めているが、
実は、「コンサルティング、研修、営業マン派遣、作業要員派遣」
というような、自分の会社にノウハウを吸収するという需要も実に大きいと実感している。

特に、ソフトブレーン・サービスはグループの営業、マーケティングを
一括で執行しているから、

・法人営業
・新規顧客開拓

が評判が良い。eセールスマネージャーを活用して高効率に作業できるから
依頼企業のメリットも大きい。

アウトソーシングで請け負うときに、僕が気をつけている点がある。

「お客様企業の中に、あらゆるノウハウ・仕組みがフィードバックされること」

である。アポが取れた、受注が取れた、という「結果」だけに喜ぶ会社が多い。
しかし、自律的継続的なカイゼン活動をするためには、
「プロセス」を「見える化」することも重要なのではないか。
これを、気をつければ、中小企業の経営者でも安心して外部企業に依頼を掛けられる
ということだ。






posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2005/09/30/ 13:46

| Comment(4) | TrackBack(1) | 事業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。