無料メール講座


勝てる!戦略営業術 無料メール講座

メールアドレスを入力し
「登録」を押してください。

工藤龍矢プロフィール


売れる仕組みプロデューサー。営業部門の業績向上・営業売上アップ・売れる仕組みづくりの専門家。営業コンサルタント。マーケティングコンサルタント。Webマーケティングコンサルタント。 1972年5月23日千葉県生まれ。39歳。子供2人。千葉県生まれ、埼玉県在住。 1996年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業後、同年(株)博報堂入社。営業職として大手ビールメーカーのマーケティング広告戦略、セールスプロモーション戦略コンサルティングに従事。22億円の大型販促キャンペーン受注に成功し博報堂社長賞を受賞。 2000年ITベンチャー(株)ガーラ入社。営業、マーケティング担当執行役員としてホームページ制作・システム開発の営業・販売を統括。年商2億円を1年間で5.5億円まで伸ばすことに成功。ナスダック・ジャパン(現、大証ニューマケットヘラクレス)上場に寄与。 2005年1月1日ソフトブレーン・サービス(株)代表取締役社長就任。営業コンサルティング事業・Webコンサルティング事業で顧客獲得数1,000社超、年商7.8億円達成。営業/Webマーケティングの講演・セミナー・研修実績1,000回突破。 2010年7月SSGホールディングス株式会社設立、代表取締役就任。一般財団法人営業教育推進財団設立、代表理事就任。邁普利信息服務(大連)有限公司、董事に就任し中国ビジネスにも参入を果たす。

【公式】ホームページ


rogo170.png

http://www.eigyou.or.jp/

工藤龍矢Facebook


工藤龍矢Twitter


工藤龍矢Google+


工藤龍矢Google+

工藤龍矢の書籍

新卒社員

新卒が4名入社しました。

大型の営業支援プロジェクトが進行中で、
そのプロジェクトに参戦してもらうことになりました。

プロジェクトの成功にも大きく寄与することでしょう。
何よりも、本人たちのかけがえのない糧になるはずです。

昨年入社の2年目社員、5名。
3月入社の新人社員、2名。
そして、今年入社の新入社員、4名。

11名が、2年目以内の社員で構成されるSBS。
既存社員にも、いい効果が出て
ますます、組織が活性化されてきている気がします。

SBSが、また大きく変革を遂げようとしています。






【経営・社長業の事の最新記事】

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/04/22/ 22:06

| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・社長業の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソリューション営業って?

ソリューション営業
提案型営業
御用聞き営業からの脱却

などと言われる。

ソリューション営業っていうのは、
顧客に対して「プロ、専門家」として、顧客が気付かない価値
顧客が見逃している価値を提供できる営業スタイルのことであろう。
課題さえ聞ければ、解決策を提供できる。
課題を聞けなければ、顕在需要に対してしか営業が成約できない。

しかし、提案型営業の動きが出来る営業マンは限られる。
っていうか、ほとんど居ないだろうね

ましてや、そのような営業マンが「育つ」なんて考えること自体
間違っているんじゃないか、と思うことがある。

経営者として、教育・育成の手は打つべきである。
マニュアル化、標準化、プロセス化を敢行するべきである。
でも、「提案ができる営業」「提案ができない営業」が居るのも事実。

適所適材プロセスを組み立てないと、イライラだけが募る。

僕はこの課題を●●●●●という手法で必ず解決する。
みんな信じないが、これが出来るんだ。
おどろくほど簡単だが、絶大なる効果。社員も自信がつく。

興味のある方は、コンサルティングします。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/02/05/ 18:31

| Comment(2) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業の本『超速!販促の王道』

超速!販促の王道
超速!販促の王道
posted with amazlet on 07.02.05
佐藤 昌弘
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1587
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本一高額なコンサルタントが書いた本


佐藤昌弘先生が、また新刊。
即効性のある知恵やスキルが満載。
でも、人間味というか真心を感じちゃうんだよなぁ。
何故かなぁ、心理学にやられちゃってんのかなぁ。
こういうあったかいところが大好きです。

人気コンサルタントだから、
なかなかコンサル引き受けてもらえませんから。
この本文庫本だから異常に安い(税込み600円だって)。
だから、貧乏人は本を7回読んで勉強するのだ。
日本一高額な先生だから勉強して自力でやって
儲かったら、コンサル頼むんだな。

良書。即効買うべし。
SBS社員は即効買うべし、自腹で。
600円なんだから。
自腹で買わないと、本は身にならん。
俺なんか、毎月10万円以上本買うから
嫁さんと義理父母に顰蹙買いまくっている。
ブックオフ持って行けって。
高校受験と大学受験のときから
何回も何回も読むのが習慣だから、捨てられないんだよなぁ。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 00:35

| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードルを上げられる人、上げられない人

何でも同じだと思う。

目標が高いときに、
課題が困難と思われるときに、
逃げる人
挑戦しない人
自分を高めようとしない人
居ます。

松坂大輔投手のように
永続的に自分自身に高いハードルを
課すことが出来る人。
すごいな。

松坂投手は、実は僕はあんまり好きではない。
でもストイックに自己研鑽できる才能はすごいと思う。
むしろ、上原のほうが好き。
不器用だけど、努力で這い上がれる人だから。

僕は、野球部出身です。
ゴロは捕球できないし、飛球は90%落球する。
打撃も下手糞だったんで、7番打者。
馬力があるんで当たれば飛ぶから、6本ほど本塁打を打ったが
当たる確率が低いし、カーブを食らうと腰が泳ぐからダメ。

でも、「スタミナ」と「肩」はちょっと自信があった。
ここでチームに貢献しよう、と思い
毎日10Kmランニングした。
週に3回は、2kmの水泳をやった。
近くにコミュニティセンターという
190円の公営プールがあったんだ。

千葉県の公立高校がCシードを獲得できた。
Cシードは175校中、5回戦進出、ベスト16。
あと、3回勝てれば甲子園。
Bシードをかけた戦いは
拓大紅陵に10−0でコールド負け。
やることやったから、満足度は高い。
拓大紅陵打線は、忠実にピッチャー返しするから
投げると、全部俺に向かって打球が飛んできた。
全部センター前ヒット。
立て続けに投手返しが続くと、ピッチャーの苛立ちが
頂点に達するということを教えてくれた学校。
いやぁ、頭に来たね。

負け癖、逃げ癖はダメ。
挑戦しないと。
自分を強引に高めていく取り組みをしないと。
現状維持モードでは永遠に人は成長しない。

そういう努力しない人は、僕は大嫌い。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/02/04/ 13:29

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業、テレアポもweb2.0

今しがた、びっくりしたことがありました。
SBSはオフィス移転を現在検討しており
企画や物件などみんなで議論し始めているんです。

僕は、商売がらほとんどのテレアポに出ます。
そして、ビジネスとして興味があったら、その方から
お話しを聞くようにしています。
営業マンは、顧客を騙そうとしてテレアポする人は居ません。
だから、誠実に話を聞きますよ、僕は。
売る側の気持ちが分かるから。

「ブログ見ました」
「移転するんですよね?」
「うちは●●●って特徴があるんですけど興味あります?」

なんて電話を受けた。

どうやってブログ見つけたのかを聞いてみたら、
●●●というツールを活用した発見ではなく
なんと●●●してるんだって。
驚いたね。
●●●によるターゲティングノウハウを教えてあげようかな。
いや、SBSにwebマーケティングコンサルティング
ご用命いただかないと、こんなうまいやり方は教えられないな。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/02/01/ 11:06

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

著書『ソフトブレーン式 最強営業組織構築の手順書』(中経出版)

『ソフトブレーン式 最強営業組織構築の手順書』
−プロセスマネージメントの基本原理からWebマーケティングまで−
(中経出版 21,000円(税込))
監修 宋文洲
著者 工藤龍矢


ノウハウや知恵は常に磨かないといけない。
確かに現時点ではこの本に書き上げた情報はエッセンスである。

しかし、
僕は今後も永続的に

「業務プロセス」
「マーケティング」
「セールス」
「マネージメント」


のサービス品質を向上させていかないと思っている。
IT、webの最新の知恵とノウハウ。
そして、マーケティング、セールス、マネージメントの仕組みづくり。
SBSは日本最高品質の営業支援会社を目指すのである。
顧客の期待に応えられないようでは会社を経営する意味は無い。
そんな会社ならば、この世に存在する意味も無い。
SBSの社員一同は、常に自分を磨き
絶え間ない学習と実践をし続けるのである。
社員自らの自己成長のために、何よりも顧客のために。

『ソフトブレーン式 最強営業組織構築の手順書』
−プロセスマネージメントの基本原理からWebマーケティングまで−
(中経出版 21,000円(税込))
監修 宋文洲
著者 工藤龍矢


だから、今の時点での最新情報をここに纏め上げた。
自分でも、正直情報を出しすぎでヤバイと思うこともあった。
編集の清水さんにうまいこと乗せられ、どんどん書いてしまった。
来年の年初には再度このような高額な書籍を書こうと思う。
いや、書けなかったら僕の存在意義が無いだろう。
理想としては、21,000円の投資で
読者の方の会社が良くなれば言うことなしである。
SBSへサービスやコンサルティングを依頼することなく。
確かに、SBSへ仕事を依頼してくれればうれしいと思うが、
会社は自律的に改善していくのが何よりである。

■eセールスマネージャー
■webマーケティングコンサルティング
■営業アウトソーシング、営業代行
■営業マントーク研修
■プロセスマネージメント大学


どれも顧客のメリットを考えに考え抜いて提供しているサービス。
だが、この本を精読していただき、
自社の努力で実践できることも多いだろう。
僕にとって、これに勝る喜びは無い。

『ソフトブレーン式 最強営業組織構築の手順書』
−プロセスマネージメントの基本原理からWebマーケティングまで−
(中経出版 21,000円(税込))
監修 宋文洲
著者 工藤龍矢

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/01/28/ 19:51

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商談の事前準備

商談の事前準備をしないアホがいる。
手ぶらで商談に行く。
その顧客のために何が提案できるのか仮説さえ持たずに商談に臨む。
漠然と商談に臨むということは会社の収益に対する冒涜である。
コストと手間をかけて獲得した貴重な「見込み客」を
何だと思っているんだろう。
アホらしくて言葉も出ない。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/01/25/ 09:37

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ソフトブレーン式最強の営業組織になる手順書』

『ソフトブレーン式最強の営業組織になる手順書』
−プロセスマネージメントからwebマーケティングまで−
(中経出版)

を最終ゲラ調整中段階まで来ました。

8月から製造着手し、早半年。
以降毎週土曜日に、
編集プロデューサー清水さんと長野さんに
缶詰状態にさせられているわけです。
僕にとっては楽しいですが、つらい週末でもあるわけです。
しかし、清水さん、長野さんも週末返上なわけです。

ノウハウ、仕組みの
すべて出し惜しみしない書籍になったと思います。

2月28日発売予定。現在先行予約受付中です。
ビジネス書10冊分以上のボリュームということで
価格設定が異様に高額で、税込み21,000円。

高額すぎるかな。
でも、内容の品質と量を見たら、「安い!」と社員たちは言います。
売れる本がいい本ですし、売れない本は悪い本です。
市場が回答を出してくれることでしょう。

正式発売したら、お知らせします。
みなさん、楽しみに待っていてください。


追伸

今年は、僕はあと3冊出版予定があります。
実務をこなしながら、こういうことも精力的に取り組むのが
経営者ってもんでしょう。
すべての本で、最新ノウハウ、情報を出します。
だから、会社も「進化」し続けないといけないと思う。
会社の中で、社長がNO.1の働き者じゃないといけないと思います。
社員に任せるプロセスと、自分で「DO」するプロセス。
しっかりと、見極めたいものです、はい。


工藤の本、よかったらお読みください。

プロセスマネージメントは勿論、
プライベートな内容も書いています。
変えるのは営業だ ~さらば個人プレー やるぞ、組織営業~

マネージメントアドバイザー宋文洲との共著。
3刷でロングセラー(だそうです)
人材いらずの営業戦略

ソフトブレーンを5年で一部上場まで引き上げた
宋文洲の右腕小松弘明との共著。
webマーケティングのノウハウの開陳です。
営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/01/21/ 19:03

| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金持ちビジネスマンと貧乏ビジネスマン

そりゃぁ、社員教育は重要でしょう。
そりゃぁ、社員が早期に戦力化することは喉から手が出るでしょう。
こんなこと、僕だって否定するつもりは無い。

12/9売『週刊東洋経済』を本ブログ読者の皆さんはお読みになったか?

恐ろしいけど、これが現実だな。
どんなことが書いてあるか、その一部をご紹介してみましょう。

杉並区立和田中学校校長藤原和博氏談
「リストラが終わったなんてウソ。何をやっているかわからない中間管理職はまだまだ生き残っているでしょ」
「これからの時代は中国・インド人と戦うわけで、日本全体で二極化は間違いなく進む。300−400万円の仕事と1000万円を超える仕事にどんどん分かれて、10年後には一般の事務を担当するサラリーマン(ホワイトカラー)は半減する」

※和田氏は、東大卒業後リクルートを経て民間人初の公立中学校校長となる。

ソニー人事戦略部・統括部長中田研一郎氏談
「日本の製造現場の管理は世界一。ところが本社の話になると超どんぶり勘定」
「システムエンジニア(SE)を雇い、各部員が勤務時間中に何の仕事をしているかを5分単位で洗い出す。次にそのリストを中国の外注先に渡し中国側の人間に「この作業は中国でできる」「この作業は日本でないと難しそう」という判断を○×△で記させる」
「10人中10人が自分の仕事は定型化できない、工場と間接部門は違う、と言っていた。しかし、実際には100%の業務をマニュアル化できた。70%が定型化作業でアウトソーシング可能」



まだまだ、あるよ。


「リストラにおびえる一流紙の記者たち」
「失業したくなければアジアに行くしかない」
「海外への雇用流出がやむ気配は全くなし」
「ネットによる中抜きで旅行代理店の数は3割減少」
「パソコンさえあればもう秘書はいりません」



皆さんは気づいているだろうか。
営業だって同じ。

営業プロセス化標準化すること。
アウトソーシングを検討し、社員が実施する業務量を極限まで減らすこと。
マーケティング(集客・案件発掘)ノウハウアウトソーシングで買う時代。
5年間かけて育たない社員を雇用し続けるか。
早速明日から、
アウトソーシングして結果(=見込み客発掘・受注)を手に入れるか。

あなたの会社にSBS(ソフトブレーン・サービス)の
eセールスマネージャー(=営業のプロセス管理ソフト)
webマーケティングコンサルティング(=HPの集客代行)
営業アウトソーシング(テレアポ代行、キーマン発掘代行)
を、早急に導入検討し生産性を高めていただきたい。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2007/01/08/ 01:27

| Comment(1) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大晦日です。

大晦日です。
現在会社は年末年始休暇中です。
僕がソフトブレーングループ
仲間入りしてもうすぐ3年です。
早いものです。

今年は、
SBSの営業支援専門サービスのそれぞれが
充実と拡充の1年だったと思います。
※SBS=ソフトブレーン・サービスのこと

来年は、営業支援サービスである
「eセールスマネージャー」
「webマーケティングコンサルティング」
「営業アウトソーシング」
「プロセスマネージメント大学」
「営業マントーク研修」

を、さらに伸ばしていきたいと思います。

伸ばす条件)
1.社員が「専門家」として高度なビジネススキルを身につけること
2.顧客の期待値を超えるサービスを提供すること
3.上記を実現するための強力な「仕組み」を会社に実装すること

SBSの強み(USP)は、
・業務プロセス
・マーケティング
・セールス
・マネージメント

この4点突破です。プロセスマネージメントに基づいたこの4つの
USPを更に磨きをかけることです。
顧客の業務改善、業績向上という「結果」に徹底的に
責任を持ちます。

来年早々スタートで「社員のビジネススキルアップ」のために
大型の研修・コンサルティングをSBSに導入します。
数百万円の大型投資ですが、小松さんと相談して決断しました。
僕が社員に訓練・指導する時間がなかなか取れないので
それを外部の専門家に手伝ってもらおうと思っています。

来年中盤に会社移転を予定しています。
●●●店舗型の●●●設計のオフィスを計画しています。
物件探しに本格的に着手します。

地方遠隔地のニーズが顕在化してきました。
地方展開を本格的に着手していきます。
まずは、大阪名古屋を抜本的に改善、テコ入れします。
仙台、四国、福岡、中国、北信越と全国展開します。

人材採用、人材育成を強化します。
早期戦力化を徹底し、信賞必罰を実施します。
本年度から参戦の新入社員4名の更なるアップを支援し
特に来年度入社予定の新卒4名を戦力化します。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/12/31/ 13:23

| Comment(1) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロングテール菅谷さん

80対20の法則を覆す ロングテールの法則
菅谷 義博
東洋経済新報社
売り上げランキング: 3624


菅谷さんと会食しました。いよいよ独立だそうです。
最新鋭でユニークなweb事業とのこと。
菅谷さんのことですから活躍間違いなし。
合同セミナーは楽しかったです。

年明けに、新刊が出るそうです。
楽しみですね。


追伸

(自分で言うのもなんですが)
我が社のwebマーケティングコンサルティング事業が急伸しています。
ホームページからの新規集客を代行する事業です。
年始からは、1年越しで勧誘し続け、
口説き落したエースが我が社に参戦してくれます。
マーケティング支援事業、営業支援事業をもっと伸ばしたいです。
SBSが伸びるということは経済が活性化していることです。
顧客業績に寄与できなければ、我が社は廃業・倒産あるのみです。

僕と小松さんの共著も引き続きご愛読のほどを。

営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング
小松 弘明 工藤 龍矢
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 12551
おすすめ度の平均: 4.5
4 具体的になにをすればよいかは判った。
5 Webマーケティングってこういうことだったのか!






posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/12/24/ 15:24

| Comment(1) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたに右腕がいない本当の理由

非売品小冊子『あなたに右腕がいない本当の理由』(苗木邦王著)
をプレゼントしていただきました。

「工藤さんはこれ、読んだほうがいい。読みなさい」

というわけだ。

苗木さん、スゴイ人だな。
この本に書いてあることは僕はすべて心当たりがあります。

そのほんの一部をご紹介するとこんな感じ。

1)どうやったら、右腕をつくれるのか?
2)右腕づくりの3つの重要ポイントとは?
3)右腕は必ず●●●●●●でなければならない。
4)●●●●●●であることが右腕の絶対条件。
5)才能の伸ばし方のコツとは?
6)なぜ「この社員を伸ばしてあげよう」と思ってはいけないのか?


・・・・などなど。

はい、確かに僕のことです。
幹部はどんな会社も、ほとんど数年で居なくなってしまうらしい。
その理由とは・・・。

何かしらの形で、絶対にご縁を持ちたくなってしまいました。
よし、何とかしましょう。
苗木さんのビジョンを広く世に広めることを僕はやりたい。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 15:00

| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『営業の科学』(ダイヤモンド社)

急成長ベンチャー経営者エムエム総研萩原社長の処女作。
すぐにamazonで購入し拝読。
良書。すぐに買って読むべし。
経営者は営業マン全員分を購入して勉強するべし

営業の科学―根性主義ではない、普通の人間がやれる必勝の法則
萩原 張広
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 15209


営業への考え方って、やっぱりこのような流れなんだろうな。
属人的な営業スタイルが死滅する日は近い。
団塊の世代が引退し若い世代に主役が代わる。
企業は事業承継が行われて経営革新が起こる。
いつまでも、先代の古い体質を引きずる会社は
ひたひたと崩壊に向かっていることに気づかない。
いや、気づいたときは遅い。
最新鋭の営業スタイル最新鋭の営業マネージメント
一刻も早く取り組んだ会社から勝ち組になるんだろう。


(本書からの僕の学びメモ)

1.法人営業と個人営業の違いとは?
2.新規営業と既存営業の違いとは?
3.新商品営業と既存商品営業の違いとは?
4.ハード営業とソフト営業の違いとは?
5.大手企業と中小ベンチャーの違いとは?
6.差別化営業と啓蒙営業と違いとは?
7.科学的アプローチと人間味のバランスの取り方とは?
8.営業プロセスの分解と分業とは?
9.営業生産性営業効率を上げるためにやるべきことは何か?

萩原社長のコンセプトとビジョンに僕は賛同。
経営者の皆さんは、自分の会社の経営をよくする必要性を感じている。
でも、営業コンサルティングのプロフェッショナルになる必要は無い。
この本は、あらゆる営業現場の事象がくまなく体系化されている。

「自分の会社はこの本のどのスタイルかな?」

と考えながら勉強するといいのではないかな。



posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 14:43

| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新刊『営業マン支援のスゴい仕組み』発売

新刊が出ました。
営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング
という本です。

営業マン支援のスゴい仕組み―儲けてる会社のWebマーケティング
小松 弘明 工藤 龍矢
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 30254



この本は、「集客」に特化した内容です。
新規顧客の獲得新規案件の発掘webマーケティング
いかにして活用すれば良いか。
営業マンの動きとwebサイト(ホームページ)
どのように連動させればいいかを詳しく解説しています。

我が社のサービス『webマーケティングコンサルティング』
の骨格を理解してもらうのに最適です。
コンパクトですが、有益な情報を厳選しています。

eセールスマネージャーは、
営業管理が便利になります。
営業マンのマニュアル代わりになります。
営業マンへのコーチングツールになります。
組織への統率力、リーダーシップを発揮できます。

皆さんには、SBSのwebマーケティング
eセールスマネージャーと同時に導入、採用を検討して欲しいです。

僕は単なるホームページ制作会社への怒りを持っています。
僕は集客につながらない(商売に直結しない)ホームページは
止めにしたいんです。

来週セミナーがあります。

出版記念
『営業マン支援のスゴい仕組みセミナー』

すでに100名超の応募がありますが
まだ数席あります。
興味がありましたら、お気軽に遊びにいらしてください。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/12/10/ 18:19

| Comment(2) | TrackBack(3) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業の効率化(プロセスマネージメント)

ミカド電装の沢田元一郎社長の講演会がありました。

3年連続増益の秘訣を伺うことが出来ました。
プロセスマネージメントの最高の実践者です。

1.プロセスを評価指標に組み込んだこと
活動実数をポイント化して人事評価(期末ボーナス)に組み込んだそうです。
カウントした活動は、●●●●●の件数とのこと。
なるほど、この手がありました。

2.社長はシステム管理者に徹すること
現場の専務と部長が案件管理をしっかりやってくれる。
有能なマネージャーの活躍の場を社長がうまく作っているな、
と思いました。優秀な管理職が居る会社ってなかなかありませんね。

3.計画営業が実践出来たこと
顧客から急な依頼が舞い込んで来てあたふたする前に
あらかじめ自分たちで行動計画を立てる。
顧客に先んじて、連絡を取ったり訪問したりしたそうです。
業務効率が上がり、稼動案件数増加につながったとのこと。

4.毎朝沢田社長がeセールスマネージャーの報告を確認
リアルタイムのマネージメントは専務と部長が実践。
沢田社長は、毎朝の日課としてコミュニケーション履歴をチェック。
加筆機能メッセージ機能を使ってコメント・助言するそうです。

沢田社長いわく、

「皆さんは、魚群探知機のある船とない船どちらに乗りたいですか?」
「eセールスマネージャーは、高品質な魚群探知機です」
「イラク戦争の米軍の暗視スコープみたいなものです」
「グループウェアって紙で出来ることをIT化しただけです」
「eセールスマネージャーはデータベース。まったくの別物です」


分かりやすいたとえ話に会場が納得。
収益3倍実現して、社員のボーナスを増やせたと喜んでいました。

名経営者のお話が聞けてたいへん勉強になりました。
沢田さん、ありがとうございます。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/11/13/ 14:09

| Comment(1) | TrackBack(1) | 最近読んだ本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネージメントの重要性

なぜ組織営業力が必要なのかを考えてみました。
個人の力、スキルを最大限まで高めてあげるには
マネージャーの能力が極めて重要なのではないでしょうか。

ある経営者の方から、
次のようなコメントを頂き、目からうろこが落ちました。

「工藤くん、
eセールスマネージャーってね、
究極の●●●●●●●ツールだよね。
だから、マネージャーマネージメント能力が試されるよね」

マネージメントに対する感性を
研ぎ澄ましていかないといけないです。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/10/22/ 23:23

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松市の急成長企業

株式会社シーエムエー
浜松市急成長ベンチャーです。

島上社長と共同講演会をやりました。

島上社長、すごい迫力。
シブい。
こりゃぁ、会社が成長するわけだ。
金融営業の現場叩き上げからの独立企業。
創業6年にして地元名門企業を総なめ。
webサイト構築、ECショップ構築、
ホームページ、webマーケティングの専門家集団。
いま案件多すぎて仕事こなせないそうです。

今日の島上さんの講演は
営業論に関しての内容だったんです。
その内容の一部をこっそりご紹介いたしましょう。

「残業90分削減に成功しました。
10時半には帰れるようになったんです」

(会場ウケる)

「うちの商売は押し売りして売れるもんじゃないです」
(こんなこと認識できてる経営者って案外少ない)
(とにかく売りに行けば売れると思っている人案外多い)

「見積もりを何回も出さないコツは●●●●●●●です」
(なるほど!)
(●●●●●●●の内容は無料では教えられないので、
お金を頂いてからにしましょう)

「攻めるときと攻めないときの見極めは●●●●●●●です」
(これもお金を頂いてからでないと)

「上司は具体的でタイムリーなアドバイスが出来てなんぼです」
(その通りです)

あっという間に何社も営業コンサルティング契約が
決まってしまう理由がよくわかりました。
こりゃ、教わりたくなる。

また勉強させていただきます。
ありがとうございます。

島上さんは
「工藤さんは厳しすぎるんじゃないの?」
「社長って我慢しなくちゃ」
って僕に言ってましたが
僕は密かに
「いや、絶対に僕より島上さんの方が怖いに違いない」
と確信しています。



追伸

CMAさんは地域密着型の戦略です。
浜松静岡以外の企業さんはそれなりの事情が無いと
仕事を請けることが出来ないそうです。
ご注意ください。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/09/28/ 22:16

| Comment(0) | TrackBack(1) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大阪→東京→静岡→東京

昨日は大阪でセミナー。
部下は皆僕を置き去りにして帰京。
新大阪駅前のビジネスホテルに宿泊。
思い入れある会社さんのサポートが始まる。
やりがいと共に、また責任を感じる。
顧客数が毎週増加する度に責任と期待の重さを痛感する毎日。

今日は朝イチに西新宿でのアポイントがあり始発で帰京。
6:00新大阪発の新幹線は8:22に品川に着く。
9:00アポには余裕で間に合った。
早い。朝方は向かい風が弱いかららしい。
朝イチから野部さん同行でいい商談が出来たぞ。

品川駅で野部さんに無理やりお茶を30分付き合わせる。
サンデーズエキスプレス。
新幹線の便を待つためである。
野部さんは優しいので快く嫌々ながらも付き合ってくれる。

午後から東静岡でセミナー。
11:30「こだま」に乗る。
90キロの体重に持ちこたえられないのか
座席がガタガタして前に座っているおばちゃんに睨まれる。

業界特化型セミナーの具体的事例を僕が話す係りに
なっていることを現場で聞かされ慌てふためく。
幸い浜松の某企業の導入事例があり
そのレポートが作成されていたという幸運にも恵まれ事なきを得る。
しかも、1時間程度の講演を担当するのかと思いきや
3時間半ぜんぶ僕の担当だと現場で聞かされ、びびる。
中村さんに「後半やってくださいよ」と泣きを入れるが
受け入れられるはずも無く僕がやり切る。

しかし、配布資料を皆さんが
「欲しい!」と挙手いただけたことが大きな救い。
PDFで中村さんから進呈いたします。
某企業の事業継承予定の部長さんは
その場でメモリースティックに移設。
お役に立てていただければ午後いっぱい時間を頂戴したお返しになる。

明日は東京でセミナー。
200名。
品川プリンスホテル。
エネルギーを蓄積する必要があるので、僕はもう寝る。
セミナー直前、午前中に3件アポイントあり。
セミナー直後、すでに3件アポイントあり。
やばい。
密度が濃すぎる。
まさにプロセスマネージメント
eセールスマネージャーのロボット状態。

連日セミナー日程を巧みに組み込む赤江さんに恨みは無い。
スケジュールを半自動的に組み込んでくる部下にも恨みは無い。
ありがとう。
高校野球時代、毎日10キロのランニングと
3キロの水泳で鍛えた体が今になって財産となる。
明日もがんばる(精神論)。


追伸

出張移動の非効率は「NOT プロセスマネージメント

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/09/26/ 20:28

| Comment(2) | TrackBack(1) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新卒5人の戦力化

ソフトブレーン・サービス社には5人の新卒社員が居ます。
4月に入社したばかりの新卒です。
入社して半年足らず。

僕は新卒で博報堂に入りました。
当時を思い出すと、毎日深夜残業と徹夜続き。
でも、楽しかったなぁ。
でっかいプレゼンの時にビデオを忘れて上司に説教食らったりしました。
ビデオのボタン係りが1年くらい続きました。
でも、楽しかったなぁ。

伊藤喜彦の実践マーケッター日記

こんなブログを立ち上げやがった。
伊藤ちゃん、やるね。
伊藤ちゃんは4月入社の新卒です。
生涯顧客価値」なんて、知ってる人案外少ないね。
自慢じゃないが僕のこのブログは毎日10,000PVくらいある。
amazonアフィリエイトで本も毎月400,000円分売れています。
早く工藤ブログを追い越してください。
いや、違った。
この人気獲得は、あなたたちwebマーケティングチームの成果でしたね。

「ちょっと難しいなぁ」
「これ、自分ではできないぞ」

という仕事、業務にめぐり合った時こそ飛躍のチャンス。
スキルは、自分でこなした仕事の分だけアップする。
星取表もどんどん埋まっていく。
自分が出来ることばかりをルーチンワークでやりたがっているようでは
発展は無いのではないか。

素直さが無い人間は成長しないです。
変なプライドがある人間は自分で自分にストップをかけてしまう。

5人の新卒ダントツの戦力
なるように支援するのが僕達先輩の役目だろう。

ライバル会社や他の会社に引き抜かれるくらいのレベルまで。
引っこ抜きに合うくらいではないと今の時代生き残れないのではないか。

中途半端に転職していく人が居てもいい。
自己鍛錬のチャンスと捕らえて貪欲に吸収する人が居てもいい。
チャレンジ・挑戦せずに安穏と毎日を過ごす人が居てもいい。

自分がどのような生き方を目指すか、が問題。
だいぶ価値観が共有できる仲間がそろって来た感じがする今日この頃。



追伸

webマーケティングチームの皆さんへ

この間、中2日でコンサルティングシートを纏め上げたのは
マジで驚いた。実は出来ないんじゃないか、と思っていました。
鎌田くん+鹿嶋くん+伊藤くん。

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/09/23/ 17:44

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『営業』と『マーケティング』

営業』に強い会社って居ますよね。
マーケティング』に強い会社って居ますよね。

しかし、その両面に優れている会社ってほとんど目撃しません。
いや、たぶんありません(皆無)。

営業』の力だけで何とかしようとする会社たちへ。
マーケティング』の力だけで何とかしようとする会社たちへ。

ソフトブレーン・サービス社はこのような
中途半端な会社たちへ挑戦する会社なんだろうな。

さらに言えば。

事業は、組織運営組織マネージメントがあってなんぼ。
コンサルタントがどんなに高尚な屁理屈をこねても
実行(DO)するのは組織であり人間。
机上の空論をこね回すのは誰でも出来る。

分かっちゃいるけど、なかなか実行(DO)できないんだよ

秀逸な戦略も実行(DO)されてなんぼでしょ。
組織のマネージメントの仕組み、ノウハウまで掛け合わせると
日本全国1社も見当たりませんね。

営業』へのこだわり、念い。
マーケティング』へのこだわり、念い。
マネージメント』へのこだわり、念い。

急成長中のSBS(ソフトブレーンサービス)社にご期待いただきたい。



追伸

コンサルタントの最後の言い訳でありがちなコメント。
結果が出せなかったとき、ね。

「戦略の実行力が無かったんだ、あの会社は」
「戦略は良かったんだ、戦略は」


実行(DO)させてあげることの出来ないあなたにも責任あるんじゃない?

posted by 営業教育推進財団 代表理事 工藤龍矢 売れる仕組みプロデューサー at 2006/09/18/ 14:52

| Comment(4) | TrackBack(1) | プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。